2016.08.01
  • マナー・ルール

結婚式の二次会に参加する際の服装ルール

メインビジュアル

結婚式の二次会に出席するときに直面するのが、「どんな服装で行けばいいの……?」という問題です。
二次会といえど、結婚式は正装の場。相応しい装いで参加しばければ、恥をかいてしまうことにもなりかねません。
そこで、今回は結婚式の二次会に参加する際の服装ルールについてご紹介します。

二次会には、「平服」で出席するのがマナー

結婚式の二次会には、披露宴ほどフォーマルな正装をしていく必要はありません。二次会へは「平服」と呼ばれる“フォーマル過ぎず、普段着過ぎない”装いで出席するのが望ましいでしょう。
例でいうと、高級レストランや一流ホテルへ行くとき位の服装です。とはいえ、パーティー感を演出することを忘れないでください。スーツなどの堅苦しいパンツスタイルは避け、ワンピースやラフなドレスを選択すると良いでしょう。素材は、華やかさと高級感を演出してくれるサテンやシルクなどの光沢感のあるものがおすすめです。

結婚式の二次会で恥をかかないためのルール

1
・新郎新婦と被る服装、新郎新婦よりも目立つ服装は避ける結婚式の二次会の主役は、新郎新婦です。そのため、結婚式の二次会の服装では、露出度の高い服装、派手過ぎるデザインの服装は避けましょう。新郎新婦よりも目立たないことが何より大切です。また、結婚式の二次会とはいえ、白は花嫁の色です。そのため、白のワンピースやドレスは避けるようにしましょう。

・全身黒は、祝いの場に相応しくない全身黒のコーディネートは、身体のラインも引き締まって魅せてくれる上に、クラシカルな雰囲気を演出してくれるものです。しかし、結婚式の二次会の場に、全身黒のコーディネートは不適切。黒のワンピースやドレスを着用する場合には、靴や小物などで色を取り入れるようにしましょう。

・革や毛皮、アニマル柄はタブー革のバッグ、毛皮のショール、アニマル柄のワンピースやドレスは、披露宴はもちろん、二次会でもタブー革、毛皮、アニマル柄は“殺生”を意味し、不祝儀を連想させます。

・靴は、つま先があるものを2
披露宴同様、結婚式の二次会でも靴はつま先のあるものを選択しましょう。そのため、ミュールやサンダルは厳禁です。つま先があるとはいえ、ブーツもNG。キレイめのパンプスがおすすめです。

いかがでしたでしょうか。披露宴ほどフォーマルな正装は求められないとはいえ、結婚式は二次会でもそれなりのマナーを守った服装をする必要があります。「結婚式の二次会への参加を控えているものの、何を着ていけばいいかわからない」という方は、是非とも今回ご紹介した内容を参考にしてみてください。
また、レンタルドレスを利用して、専門のスタッフに結婚式の二次会に相応しいトータルコーディネートを提案してもらうのもおすすめです。